春日野薬局グループは地域の皆様の健康で豊かな暮らしに貢献してまいります

新ロゴ.jpg

かかりつけ薬局

「春日野薬局」を皆さまのかかりつけ薬局としてご利用していただくと、薬について何でも相談でき、安心です。気軽にお問い合わせください。


いつも利用する薬局が決まっていれば、その薬局のことを「かかりつけ薬局」といい、皆さんが適正・適切な服薬ができ、安心です。お住まいが近くであれば、一旦薬局に処方せんを預け後で薬を取りにいくことも簡単ですし、先にFAXしておいて後で薬を受け取りに行くこともできます。(FAXの方は処方せんを忘れずにお持ち下さい)
また、お年寄りや体調が悪い時には、ご家族の方が代わりに、処方せんを薬局にお持ちになったり薬を取りに来ていただいても結構です。
ホームドクターがあるように、あなたが安心して健康な生活を送れるよう、気軽に相談できる「かかりつけ薬局」をお持ちになることをおすすめします。

春日野薬局ではかかりつけ薬局として次のようなことを行っております。


●お使いになる薬や体質などの、お薬をお渡しする際に参考になることを記録管理しています。それにより副作用を未然に防いだり、買い薬や病院薬などと一緒に使われるときに適切なアドバイスをしています。
●処方せんの調剤時に、前回までの記録と見比べながら調剤しており、同じ時期に幾つかの病院・医院にかかり薬や処方せんをもらった場合、処方どおり調剤しても良いかどうかをチェックすることもできます。別々の医師から処方された薬で、薬の飲み合わせ・薬の重複など副作用が出やすくなる場合には、薬局の薬剤師が処方された医師に相談して、有効で安全な薬を調剤するように努力しています。
●市販の大衆薬をお飲みの方が、薬局で処方せん調剤を受ける場合には是非お申し出下さい。大衆薬との飲み合わせのチェックもできます。

おくすり手帳

おくすり手帳はあなたに処方されたおくすりの名前や飲む量、回数などの記録(薬歴)を残すための手帳です。


011.jpg
いくつかの病院や医院にかかっていて、「同じくすりが重なっていないか」「飲み合わせは大丈夫か」というときに、医師や歯科医師、薬剤師におくすり手帳を使うことで現在服用しているおくすりを説明するのに役立ちます。
また、複数の病院・医院・薬局でお薬手帳をもらって何冊も持っておられる方もいらっしゃいますが、 病院や薬局ごとに複数の手帳を作ると、服用している薬のチェックが出来なくなります。一つにまとめられた手帳を持ってきて頂くことで、他で服用しているお薬もわかり、飲み合わせのチェックが出来るようになります。一人に一冊で複数の医療機関にて使用し、保険証と一緒に携帯しておくことをお勧めします。

おくすりの渡し方(一包化)

服用している薬が多いなど服用方法により一つの袋に分けてお渡しするサービスです。気軽にご相談ください。


基本的にお薬はそのままお渡し(PTP包装)しています。薬の種類が多くて、飲み忘れや飲み方がわかりづらい場合、また包装から薬を取り出すのが大変な場合などに一つの袋に分けて分包し、お渡しします。
飲み忘れや薬の紛失などが減り便利ですが、調剤に時間がかかってしまう場合があります。その際薬剤師がお声をかけるかもしれませんがご了承ください。
処方せんをお渡しいただき、あとでくすりを取りに来られるなど 「おくすりの一包化」をご活用ください。
また「おくすりの一包化」を提供する場合、同じお薬をお渡しする場合でもお会計がかわることがありますが、厚生労働省が定める基準により適正に算定しており、当薬局は何より患者さんが安全にかつ安心しておくすりを飲んで頂くことを目的とし「一包化」をお勧めしています。

A316_0051.jpgArrow1_54.jpgA316_0061.jpg